勉強しやすい空間

まずは、清潔を心がけすっきりとした空間を作りましょう。勉強する時は、自分の部屋でするよりも、リビングや茶の間など家族が過ごす場所でした方が良いと言われています。可能であれば、すぐそばに辞書や日本地図(世界地図)、地球儀、筆立てなどを用意しておきましょう。こうすることで、分からないことがあった場合、すぐに地図や辞典を引くことで調べて解決することができます。

また、勉強する時に使うアイテムは丁寧に扱うようにしつけると、勉強や勉強するということに敬意を払えるようになりお勧めです。高価なものでなくても良いですから、いつも清潔な状態で整理整頓ができるようにしましょう。教科書やノートなどは、置き場所をきちんと決め手置くことをお勧めします。

勉強は、勉強時間が長ければ長いほど良いというわけではありません。それよりも、やるべきことを集中して早めに終わらせるようにして、その後に自分の自由な時間を楽しめるようにした方がより効率的に進めて行くことができますし覚えられます。つまり、時間を大切にするように教えるのです。人は、頑張り続けるのは難しいもの。小学生であれば、集中が持続するのはせいぜい45分。この間に如何に覚えられるかがポイントです。